ホーム > 店舗より気軽に出店できます

店舗より気軽に出店できます

初期費用

ローリスクでの参入が可能です。

まず低コストで開業できること。 初期費用が安く済む。比較的小資本からスタートできるので、開店し易い。

一般的な飲食店の開業資金の目安はカフェ(10坪程度)で300万〜1,000万円と言われますが、保証金や内装、設備費などの合計が1000万円をオーバーしてしまうことも少なくありません。

一方移動販売車での開業資金は、車両と設備費。 車両は中古車でも事足りるため数十万円で取得できる場合もあります。

投資回収率が非常に高い

厨房設備、内装、維持費など、投資額が非常に少なくすみます。
初期投資が少ないため投資回収率も非常に高いのが魅力です。

固定経費が最小限に

基本的に家賃というものがかからない為、店舗に比べ、固定費を最小限に抑えることが可能です。
そして商業地などの1等地でも固定の店舗に比べると出店料(家賃の代りになるもの)を安く抑えることができます。

固定店舗は家賃や光熱費などの固定費が売り上げや営業日数に関係なく発生してしまうので、
どうしても損益分岐点が高くなってしまいます。
移動販売車の場合は家賃(出店場所使用料)、光熱費などは営業時にのみにしか発生しません。
水道光熱費負担も非常に少ない。

出店場所や出店日数、出店の時間帯を天候や季節によって調整することが可能なので、
損益分岐点を非常に低くすることができます。

人件費がかからない

1人での営業が可能なため、人件費もかからない。
移動販売店のための従業員を雇用する必要がほとんどない。

小スペースでの出店・設置が可能

車一台分のスペースがあれば、出店可能です。

営業場所

移動できるということは移動販売の強みです。

固定店舗の場合、立地選びを失敗すると致命傷となってしまいます。
調査を重ねた上で出店を果たしたとしても、その後近所にショッピングモールやバイパス道路ができて人通りが大きく変わってしまうといったリスク増加していると考えられます。

移動販売車はそういったリスクとは無縁です。
売れない場所には見切りをつけて、人の多い場所、売れる場所を求めて、移動できますので、
待ちの営業ではなく人の居るところに出向いて営業ができる利点があります。
効率的な販売を行えるよう、サービスの内容に適した出店場所や時間帯を選べば良いのです。

いろいろな障壁

固定店舗は初期投資と固定費が大きいことから、おいそれと取得や営業を続けられるものではありません。
また廃業時にも現状復帰(店舗を借りた時の状態に戻す)費用が必要になったりと、様々な費用を想定しなければなりません。

移動販売の場合、ある程度の資金を貯め車両と商材の準備ができたなら、軌道に乗るまでは別の仕事をしながら休みの日だけ移動販売車の営業を行い、軌道に乗ってから移動販売車一本で本格的に独立する、といったことも可能です。 残念ながら事業が上手くいかなかった場合でも、車両を売却することで投資額の一部を回収することができます。

サイドビジネスとして運営が可能

機動力を生かして販売効率を高めることにより、好きな時間に仕事ができるので、
サイドビジネスとして運営が可能です。

平日はサラリーマン、土日は移動販売車で営業をして、独立開業に向けて頑張っている方もいらっしゃいます。